Masalo

日本にルーツを持ち、アムステルダム育ちのMasaloは現在オランダのダンスミュージックシーンで最も注目されている若手アーティストの一人だ。彼の音楽性は多様性のある生い立ちの影響を垣間見る事ができる。彼のミックスはまさにこのハイブリッド性を表していて、オーガニックな音楽を発掘し、それを現代のダンスミュージックと見事に混ぜて行く。心情溢れる、アムステルダムの精神貫くパフォーマーだ。
Masaloのプロダクションも同じ精神を引き継いでいる。シカゴのJamie 3:26と共同で制作した「Testify」と「Red Light」や、グラミー賞ノミネート歴があるアーティストBassekou Kouyatéの「Jama Ko」のリミックスは多くの権威あるアーティスト/DJから賞賛を受けた。さらに彼はRush Hour Recordingsから待望のソロデビューEP「New Dance」をリリースし、世界中のシーンで話題となっている。
アムステルダム現地では、Kammaと共同でBrighter Daysと言うイベントシリーズを主導している。ダンスフロアで生まれる友情や一旦感をテーマに、過去にはColleen ‘Cosmo’ Murphy、Hunee、Kuniyuki、Ge-ologyなどローカルアーティストからシーンを代表するアーティストまで幅広くブッキングしてきた。
Contact TokyoやDjoon Parisなど世界有数のクラブからSouthern Soul FestivalやDimensionsなど象徴的なフェスまでツアーを行なっていて、Masaloは今後も世界規模で活躍をして行く事は間違いない。