JD Twitch

OptimoはJD TwitchとJG Wilkesの2人で成り立つデュオである。 彼らはそれぞれ20年以上のDJ経験を持ち、過去10年間で印象的でなお心地よいDJプレイをすることで有名であり、高く評価されている。TwitchiとWilkesは、クラブミュージックの常識をはるかに超えた領域に入り込むクラブ体験をを生み出し、ジャンルや音楽の制限を無視したユニークな作品を創作している
この二人は1997年11月から2010年4月までクラブOptimo(Espacio)を運営していた。Optimoはスコットランドクラブシーンの中心サブ・クラブで毎週勢力的に活動しており、過去10年間で最も重要で画期的なクラブのひとつと広く評価されている (Mixmag「The Club of the Year」の権威あるタイトルを獲得)
Optimoは、2004年に“How to Kill The Dj”(パート2)のリリースで初めて国際的に評価される。このミックスとそれに続く重要な評価は、このデュオを国際的なギグへ押し上げていった。 2004年以降の数年間、世界各国を飛び回り、Optimoパーティーの真髄を多くの国々へ広げていった。
その後リリースはDJのmixに対して求められる基準を上げ、より一層革新的、画期的で斬新な音楽をどのように創作していくかを表現してしたものとなり、彼らの心の中にあった決意がにじみでていた。そのリリースタイトルは勿論、最近のFabric Series with Fabric 52のtour-de-fource mixを含むPsyche-Out (Eskimo Recordings), 20 Years Underground (Soma), Walkabout (Endless Flight), In Order To Edit (R&S), Sleepwalk (Domino Recordings)等である。 ファブリック52のコンピレーションは、クラブへの情熱と百科事典のような音楽の知識を通じて達成されたインフルエンサーとしてのOptimoの評判を強調している。また、過去から現在にあるサウンドを掛け合わせ、未来的な音を作り上げて実感させるような彼らのスキルもこのコンピレーションでは明確に示されている。
絶頂期にあったとしても Optimoチームは革新的なものを求めて挑戦し続けている。ツイッチは、地元のグラスゴー・アンダーグラウンドからの「Underground Sound Of Glasgow」リリースのためにコーナーストーン・コンピレーションのミックスし、Optimoの故郷の創造的な電子音楽シーンから良質で新しいエレクトロニックミュージックの盛り上がりを披露した。Optimoのデュオは、2012年12月の有名なBoiler Roomミックスシリーズで、ドイツのテクノ・アーティスト、Move D(One half of Deep Space Network)と一緒にB2Bセットでデビューした。
2013年9月には2度目のBoiler Roomzでのライブが予定された。毎月第2月曜日、深夜から午前2時まで評価が高いRinseFMのインターネットラジオにてOptimoの世界観を垣間見るような音源を聴くことが出来る。
Optimoの成功の秘訣はなんといっても人である。小さい地下のクラブであろうが、有名なクラブのメインステージであろうが、野外で数千人規模のイベントだろうが、OptimoのSetは全てそこにいる人たちの感情やその場の感覚によって異なってくる。それぞれのお客様がもたらす特殊な高揚感であり、まるで集まった人々がOptimoにインスピレーションを与え、OptimoはDJというスキルを通して、人々に喜びをもたらしている。
このような理由からOptimoはUKで最も活発的なDJでもあり、人々から愛されている由縁である。TwitchとWilkesはよく “俺らは君らのサウンドを聞く耳が大好きなんだ”という。