Jayda G

Jayda Gはバンクーバーとベルリンを行き来するカナダ人DJ、プロデューサー、そしてレーベルボスだ。
プロデューサーとしては、2015年5月にオーストラリアのレーベル「Butter Sessions」からデビュー作をリリースしている。また、「Sex Tags UFO」を運営するDJ Fett Burgerと共にバンクーバーで「Freakout Cult」というクラブイベントを始め、後に同名のレーベルを発足し、共同でキュレーションをおこなってきた。2015年9月に最初のリリース「NYC Party Track」を発表し、その後LNSやDJ Tequilaなどの作品を次々とリリースしてきた。2018年夏に10作品目、そして最終リリースとしてDJ Fett BurgerとStiletti Anaのアルバム「358 Men」のリリースした。
同時期にJaydaは自身のレーベル「JMG」をスタートさせ、自身の楽曲やコラボレーション作のリリースを開始した。リミックス活動も時折行ない、同時期に世界中でツアーを積極的にこなしていくにつれ、彼女の名前が業界内で期待のニューカマーとして噂されるようになる。2度に渡るBoiler Roomへの出演、そしてTrushmixやDiscwomanなど様々なプラットフォームでミックス提供を継続的におこなっていく事によって彼女の話題性は世界中で広がっている。