DJ HARVEY

ハウス、ディスコ、バレアリックシーンのカルトリーダー、そしてDJとしてもっとも神の領域に近い男と称されるリヴィングレジェンド、DJ Harvey(DJハーヴィー)。ローリングストーン誌は『もしKeith RichardsがDJだったなら、それはDJ Harveyである』と評し、世界を制するDJトップ10に選出している。
DJ Harveyは、1980年代半ばのロンドンでDJキャリアをスタート。セカンドサマーオブラヴの狂騒の中、悪名高きDIYパーティー集団「Tonka Sound System」のクルーとして名を馳せ、ニューヨークの伝説的クラブ「Paradise Garage」のレジデントDJであったLarry Levanも出演した自身のパーティー「Moist」で、DJとしての評価を不動のものとする。その後「Ministry of Sound」のレジデントを経て、2002年にロサンゼルスに移住。LAアンダーグラウンドの聖地として、世界中からハードコアなダンサーたちが集うウェアハウスパーティー「Harvey Sarcastic Disco」で、レフトフィールドなディスコやバレアリック復権への大きな流れを作った。
2010年にアメリカ国外への渡航が可能になると、世界中からオファーが殺到。奇跡の再来日を果たした2010年GWのジャパンツアーでは、全国12都市を回りロックスター顔負けの1万人以上を動員。母国UKロンドンでの凱旋パーティーは、チケット発売後わずか1分でソールドアウトを記録し、世界最高峰のクラブ「Berghain/Panorama Bar」や、世界最大級のフェス「Coachella」などにも出演。近年はイビサのホテル「Pikes Ibiza」で毎夏レジデントを務め、2016年には日本を代表する野外音楽フェス「Fuji Rock Festival」20周年記念の大トリも飾った。
2017年には、前述の「Paradise Garage」1987年のクロージングパーティーの秘蔵映像「The Final Night in Paradise」のサウンドトラックを手がけるほか、DJ Mag「Best of British Awards」では「Best Resident DJ」を受賞、日本最大級のダンスミュージックポータルサイトであるクラベリア「Clubberia Award 2017」では、東京Contactで開催された「DJ Harvey 2017 Tour of Japan」が「年間ベストパーティー」を獲得。その存在はもはや伝説と呼ぶにふさわしい。